TEL03-6264-8881(代)

FAX03-6264-8882

外国人採用の実績

外国人採用の実績

若手高度外国人人材採用スキーム(就労ビザ)

リード・エスは中国を中心にベトナム・インドネシア等、
ASEAN人材の人材派遣・紹介・紹介予定派遣スキームによる300名を超える実績がございます。
内定者教育においても現地協力会社・教育機関に幅広いネットワークを誇ります。
貴社に最適なプランをご提案させていただきます。
是非お気軽にご相談くださいませ。


ベトナムスキーム紹介

ABUアジア・太平洋ロボットコンテスト優勝校と共催しております現地学生面接会は好評をいただいており、
各校の優秀なエンジニアをロボコンチームや専攻ゼミから直接面接・採用いただけます。

▲ABU ロボコン 2015年の模様

ハノイ市内から車で1時間半のフンイエン技術師範大学は学生1万人を擁するマンモス大学です。
金型・溶接・機械加工・機械・電気・電子・IT・化学などの分野を専攻している学生と出会うことができます。

新たにホーチミン市近郊のドンナイ省にあるラクホン大学と現地面接会を開催しております。
ラクホン大学はABUアジア・太平洋ロボットコンテストにて、2017・2018年の2年連続優勝しております。
ホーチミン市内から車で1時間、ラクホン大学は12学部と21専攻を持ち、20,000人以上の学生が在籍しています。


中国スキーム紹介

現地パートナー会社との共催により遼寧省周辺の各大学から貴社への応募学生・第二新卒が集まります。
設計や技術(理工系)を中心に現地法人幹部候補等、推進力のある人材として日本国内のみならず中国やその他グローバルにも活躍できる、素地のある人材の採用・育成スキームです。
※その他文系も対応可能です。

【学生の出身大学、専攻】
出身大学一覧
出身大学・大専 遼寧省/瀋陽大学、瀋陽工業大学、大連工業大学、遼寧工業大学、瀋陽理工大学、東北大学、等
その他、吉林・黒龍江・内モンゴル等各地の大学及び大専
専攻 履修專門課程
機械設計製造及び自動化 工程図学、工程力学、機械原理、電工及び電子技術、液圧及び気圧電動、機械製造技術、機電電動制御、機電一体化設計、NCシステム及びプログラミング等
機械工程及び自動化、金型設計 プラスチック金型設計、機械製図、工程力学、機械原理、AutoCAD、プラスチック成型設備等
自動車設計製造及び自動化 自動車構造、自動車設計、自動車原理と工学設計、自動車電気と電子設備、AutoCAD等
自動化 AutoCAD、自動コントロール原理、電気回路、電子電力技術、PLCのプログラミング及び制御センサー等
電子信息科学及び技術 電子基盤、信号システム、自動コントロール原理、コンピュータ組立原理、コンピュータネットワーク、電子旋盤AutoCAD設計、組入れシステムプラミング、HDL言語、C言語等
金属材料工程 熱処理技術、金属材料学、材料力学、機械設計、工程力学、機械製図等
土木工程 工程製図、土木工CAD、建築材料、工程測量、電工学、房屋建築学、材料力学等
化学 有機化学、無機化学、高分子化学、機能材料・デバイス
  • ※以上は一例です。過去応募者の専攻は40にわたります。御社に合った専攻学生を推薦します。


インドネシアスキーム紹介

国内トップレベルの大学である国立インドネシア教育大学との共催による現地面接会です。
機械工学部の学生を中心に将来の現地幹部候補や、現地立ち上げを任せられるような人材が中心の採用・育成スキームです。

国立インドネシア教育大学
インドネシア大学ランキング:10位 学生数:34,000人 専攻:機械工学/日本語教育学科

派遣先実績 学生の専攻

■金型の設計・加工・保全

派遣技術者の業務(含む将来の予定業務)

金型設計、試作品製作、製品検査、品質管理

専攻

機械工程及び自動化、金型設計

■機械加工

派遣技術者の業務(含む将来の予定業務)

加工図面作成、修正。NC、MCプログラマー

専攻

機械設計製造及び自動化

■精密機械部品

派遣技術者の業務(含む将来の予定業務)

部品設計、加工。NC、MCプログラマー、オペレータ

専攻

機械設計工程、機械設計製造及び自動化

■自動車部品

派遣技術者の業務(含む将来の予定業務)

受注部品の開発、実験・検査・評価

専攻

機械設計製造及び自動化、自動車設計製造

■自動化・省力化機器

派遣技術者の業務(含む将来の予定業務)

機械設計、回路設計、試作品製作・調整

専攻

機械設計・機械工程・電気工程・自動化

■金属熱処理、表面処理

派遣技術者の業務(含む将来の予定業務)

熱処理オペレータ、設備管理(プリメンテナンス)、生産管理、品質管理

専攻

金属学・熱処理、金属材料工程、治金工程

■工業彫刻

派遣技術者の業務(含む将来の予定業務)

プリント配線板の回路設計、製品検査、品質管理

専攻

電気工程及び自動化、電子信息科学

■合成樹脂、製菓等

派遣技術者の業務(含む将来の予定業務)

製造設備の設備設計、施工管理、保全管理製造機械のメンテナンス、改良・開発

専攻

機械設計・機械工程・電気工程・自動化

■工業用塗料

派遣技術者の業務(含む将来の予定業務)

製品開発、実験

専攻

化学高分子

■上記各業種全般

派遣技術者の業務(含む将来の予定業務)

セールスエンジニア

専攻

上記各専攻

特定技能

2019年4月施行の改正入管法による新しい在留資格「特定技能1号」及び「特定技能2号」が設けられ、弊社では同年8月より登録支援機関となっております。
高度専門職(就労ビザ)人材で培った採用・育成・管理ノウハウを活かし、特定技能人材の支援業務もお任せください。
お気軽にご相談ください。

御客様の声

  • A社
  • (自動車部品)
Q. 採用年月は?
A. 2018年11月に中国人材2名、ベトナム人材2名の計4名です。
Q. 外国人技術者を採用しようと思ったきっかけ、動機は?
A. 中国人材は現地法人とのやり取りもそうですが日本国内での設計、品質管理等の通常の理系新卒枠と同じような形で採用をしました。
ベトナム人材はこの先のベトナム進出の可能性と、ベトナム人技能実習制度の導入により実習生の管理兼製造業務の技術者を採用・育成が出来るこの仕組みを活用しようと考えました。
Q. 採用してよかった点は?
A. まず毎日の挨拶一つにしてもとても気持ちの良い挨拶で職場が以前より明るくなりました。中国・ベトナムどちらの子もそれぞれの役割を理解し、積極的な姿勢で学んでくれます。最初の2.3か月は日本語の面で少しお互いに苦労しましたが、週に1度先輩社員と日本語の勉強時間を作ったり、生活に慣れてくるとみるみる語学も仕事も上達しました。今では各部門に欠かせない存在です。
これから採用をしようと考えている企業に一言!
当社は今回中国・ベトナム両国の人材を採用しましたが、ベトナムは初めてでした。今回の技術者採用はメインテーマである技能実習生や特定技能など製造現場の外国人活用につき、併せて彼ら彼女らを指導・管理のできる技術者の採用・育成ができるとのことでリードエスのスキームを活用させてもらいました。
技術者のみでなく現場の人材活用も併せて解決できるので良いパッケージだと思います。
  • B社
  • (精密機械部品)
Q. 採用年月は?
A. 2010年8月に2名、2010年10月に2名です。
Q. 外国人技術者を採用しようと思ったきっかけ、動機は?
A. 中国に生産拠点を出すことが決まり、そこの中核人材として活用できればと考えた為です。
Q. 採用してよかった点は?
A. 1年目の感想では「ハングリーで本当に集中して仕事をするなぁというものでしたが、2年目に入ると取引先との電話も普通に対応できるようになり、同時期に入社した日本人新卒者より中国語が出来る分優秀」と思うようになりました。中国生産拠点立ち上げには通訳兼任で同行させており、当社の製品、設備、管理方式を知っている中国人人材の存在は貴重です。
これから採用をしようと考えている企業に一言!
当社では進出を決めた時点ですぐに採用をいたしました。以前にも優秀な海外人材を採用しましたがその際は定着せず、今回のリードエスの紹介予定派遣を利用したところ、採用・育成と上手くいき成果が出ました。新卒は面接から就労までに1年かかり、育成も最低1年は必要なので、まだ先の事と考えずにすぐ取り組んだ方が良いかと思います。

よくある質問

よく耳にする、「研修・実習生」とは違うの?
違います!大学又は大専(3年制の工業高等専門学校)で専門的な知識を身につけた技術者です。技術ビザを取得するため、更新すれば何年でも日本で就労可能です。(※許可される在留期間は、「実習生」は3年まで、「企業内 研修生」は1年又は6ヶ月のみとなります)
外国人を雇用するのは初めて・・・手続きやサポートは?
ご安心ください!日本国内のサポートは、リード・エスが全て担当します。
●行政手続 在留資格取得・更新手続き/外国人登録/ 役所・保険手続き
●生活支援  入居先手配/ライフライン開設/初期費用 支援
●苦情・トラブル 住居・近隣トラブル解決/傷病治療サポート/個人的な相談事解決/送出し機関からの継続支援
慣れない外国の生活は大丈夫?すぐに辞めたりしない?

1.各国現地にて弊社や協力機関による適性検査は、応募時から内定以降の教育期間も継続して行います。日本での長期間就労や求人内容に適さない人材は、その時点で斡旋対象から除外されます。

2.入国前教育(送出し機関、教育センター)と、日本入国後の定期指導の体制で臨みます。日本での長期就労を希望する人材や、数年後は母国の御社現地法人での就労希望などそれぞれの求人に合った人材の応募がございますので、採用の段階である程度のマッチングが可能です。

3.採用は御社に直接選んでいただくシステムです。派遣(紹介予定派遣)であっても、御社に選ばれ、また一から御社の教育指導によって育った人材は、会社と自身の仕事に愛着が強く長期就労に繋がります。

日本語レベルは?
採用内定者の教育訓練は、リード・エスと送出し機関が共同で運営する教育センターが、責任をもって担います。来日までのレベルに合わせた日本語教育で、日本語能力試験N2級レベル(やや高度なレベル)を目指します。日本で働いて一年後には電話応答も問題なく出来るようになり現地語と日本語のバイリンガル人材に!
TOPへ